So-net無料ブログ作成
検索選択

2013-05-01 クシマクロビオティックス・コンシェルジュ資格試験合宿終了しました。 [マクロビオティック]

DSC_1825a.jpg
クシマクロビオティックス・コンシェルジュ資格試験合宿終了しました。

DSC_2008.JPG
そして、おめでとうございます。
1か月後の合格発表では受験者の皆さまが合格いたしました。

クシマクロビティックス・コンシェルジュとは、
マクロビオティックの権威 久司道夫氏(KMI)の公式プログラムにより、
検定事務局が正しい知識の普及を目的に開催しています。
自身、家族、周囲の人の実践、ビジネスや社会活動の場において、
マクロビオティックスの知識の活用を正しく伝えることを目的として、
一人ひとりが健康な食事を実現できるよう案内人(コンシェルジュ)となり、
社会全体の健康増進に貢献することを使命としています。

次回の開催も日程詳細はまだ未定ですが、宮城県内にて予定しています。

クシマクロビオティックス・コンシェルジュについては
http://www.kushi-mc.net/

今回受験者皆さまへのお土産にご用意させていただいたのは、
映画「よみがえりのレシピ」で紹介されていた在来野菜、
伝統400年の焼畑自然農法で育てられている「温海かぶ」。
ささやかなお福分けですが、マクロビオティックの考え方を
生活に即して実践的に学んでいただきたいから。

山形温海地域山間部の山の斜面を利用して栽培されています。
温海地域の土壌は火山灰性で、カルシウム、カリウム、ナトリウムが
もともと豊富だそうですが、杉の栽培地だった場所は、
枝葉が落ちると天然の肥料となる自然の摂理のあるところ。
また、畑地を人工的に焼く焼畑をすることによって、
土中の窒素含有量が増え、土がパワーアップする知恵も持っています。
そのことで、さらに病原菌も排除され、無農薬栽培が可能になるそうです。

映画の中で印象的だったのが、
「凶作でコメが採れない年は赤カブを多く作る」というもの。
凶作時の救世主として代々受け継がれて栽培されてきたのです。
http://www.4071.net/feature/kabu.html
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。